館長ブログ

令和元年5月 新緑が映える陽気で気持ちいい季節になってきました。
中台ふれあい館館長の蓑輪(みのわ)です。
大変遅くなりましたが、昨年2月より当中台ふれあい館の館長として赴任しました。
今後ともよろしくお願いいたします。
初ブログ!初登場‼なので自己紹介と担当する講座のご紹介を兼ねて今回はお送りしたいと思います。
 

早朝、松戸駅常磐線に乗り日暮里駅で山手線に乗換え池袋駅へさらに乗換えて東武東上線で1時間20分の”朝の旅”でようやく上板橋駅に到着。駅からはテクテク、最後は皆さんもご存じの通り難関の長~い上り坂を登りわがふれあい館に到着。
混雑が嫌いなので早起き行動の”アーリーバード” となって早1年❣しばらくして知ったのですが、なんと‼車だと、40分足らずで着いてしまいます?

 

       
 

大先輩の皆様、遅まきながらよろしくお願いいたします。

ご利用者様に元気をもらっている感じですね。夢や創造力、勇気を持った実行力に感動もします。

さて、担当している提案事業の講座に”館長と写経”があります。
 
サラリーマン時代に書道教室に再び通ったりしている時に写経を知り、般若心経の勉強を始めたのです。

200449歳、歩き・電車・バスで四国のお遍路をスタート
201055歳、高野山奥の院まで一巡し「結願」後も時折り四国参りしてます。
 

 変なオジサンでしょう。
  

そんな変なオジサンは音楽関係の仕事に関わっていました。音楽を通じてたくさんの人に出会い、たくさんの素晴らしい楽曲を知ることも出来ました。

そんな経験や出会いを考えたときに講座「戯れ言戯れ歌」が生まれることになったのです。

たわいのない話とたわいのない歌なはずが、どんどん深い所にハマっている気もします。

板橋区での出来事(事件や事故等日常起きている)の話から、少しは役に立ちそうな話をしたり、声を作る基礎発声法などお送りしてます。カラオケも良いけど、ためになる「戯れ言戯れ歌」講座も是非覗きに、参加してはいかがでしょうか。
6月は16日に開講します、今回は季節柄”雨の歌”特集となっております。
雨の名曲~~氷雨・スコール・君は雨の日に・ある雨の日の情景・雨の物語・雨やどり・銀の雨・傘がない等どれも好きな”雨の歌”ですが、まだまだたくさんありますね。雨の名曲で参加申し込みを御待ちしております。

      
 
ご来館された皆さまからたくさんの元気をもらている感じです、夢や創造・勇気を持った実行力にも感動する毎日です。
 
一年間分の思いも込めて書いたためかなり長くなってしまいましたが
当中台ふれあい館も職員も一部変わったり、館内の表示等も明るく・見やすく、また快適に過ごせるよう設備の整備等、多くの皆さまが参加できる講座の増加等プチリニューアルで歩き始めました。
今後も皆さんとともにアクティブエイジングのコンセプトで進んで行きたいと思います。
大先輩の皆さま❣遅まきながら宜しくお願い致します。